キャッシングwishは利用すべきではない闇金です!

お金が必要1

キャッシングを利用したい時には審査に通過しなければなりませんが、消費者金融などの金融業者の場合、審査が緩めなどからも審査に不安を抱く人にとっては魅力的な存在と言えましょう。しかし、金融業者の中には闇金と呼ぶ悪徳業者も存在しており、知らずに利用すると大変な事態を招くことになるので注意しなければなりません。

キャッシングwishはどのような金融業者なのか?

どうしても今日中に5万円が必要となった時、家族や友達にお願いするのが最適ですが、頼める相手がいない場合にはキャッシングを使うのが便利です。参考...キャッシング > ノーローン

最近は、キャッシングの利用者が急増していると言われていますが、必要な時に必要な額だけをATMで引き出して使えるカードローンが存在しているからではないでしょうか。カードローンの場合、申し込みだけをするのでは返済は発生しませんので、将来必要になった時の備えで申し込みをする人も多いようです。

しかも、即日融資が可能になる消費者金融も多くなっていますし、大手の消費者金融ならバックに銀行があるので利用する側にとっても安心感があります。その反面、既に借金を抱えている場合には審査に通過できないなど、借りたくても利用ができないケースも存在しています。

その点、中小の金融業者の場合は、年収の3分の1未満であれば融資を可能にするケースもあり、中小の金融業者を利用する人も少なくありません。勿論、返済ができる範囲内での融資になりますが、中には他社で断れた人でも融資を行うと言う、キャッシングのwishと呼ぶ金融業者も存在しています。

キャッシングのwishは結論から言うと闇金業者で利用すべきではない業者です。他社で断れた理由の中には借金の総額が年収の3分の1を超えている、ブラックリスト入りしていて返済も続いているなどの状態になっているなどが挙げられます。

貸金業者は総量規制が適用されるため、年収の3分の1を超える貸し付けができない決まりになっているのです。

貸金業者は総量規制が適用される金融業者です

お金が必要11

キャッシングのwishはどのような状態でも融資を行う闇金融です。どのような状態とは、過去に自己破産や個人再生手続きで債務整理を行ったことがあるブラックリスト入りになっているケースや他社からの借金があり、総額が年収の3分の1を超えている場合などになります。

お金を貸す側も返済ができることを条件に審査を通しますので、年収の3分の1を超えている場合には返済能力が限界になっていると判断するわけです。しかも、貸金業者は総量規制が適用されるので年収3分の1を超えた貸し付けを行えません。

法律を守り営業を行っている金融業者はこうした制限がありますが、キャッシングのwishのように法律を守らずに営業を行っている金融業者はやりたい放題、どのような状態の人でも融資はします。闇金は非合法での貸し付けを行う悪徳業者、お金を貸す時には良い顔をしても、返済の時には悪徳業者の姿を見せます。

テレビドラマなどで闇金の取り立てシーンを見たことがある人は多いのではないでしょうか。貸金業者の取り立ては法律で定めが行われている範囲内で行うのが特徴です。闇金の場合は勤務先まで取り立てに訪れる、しかも大勢で押し掛けるケースがありますが、これは法律で禁止されている行為であり、貸金業者の場合はこのような方法で取り立てはしません。

さらに、電話での脅迫も闇金はやりたい放題ですから四六時中電話をかけてくるケースも多いと言います。貸金業者は決められた時間帯以外には電話をかけることはありませんし、脅迫も行わないなどの違いもあるわけです。

闇金業者であることを見抜く簡単な方法とは?

キャッシングのwishもホームページを開設していますが、サイトのデザインや内容などはそのまま放置の状態、代わり映えしない状態のサイト運営です。他社に断れた人にも融資を行う、最短即日融資可能、24時間ネットで申し込みできる、来店保証人不要などが記載されています。

即日融資やネットで24時間申し込みができる、来店や保証人が不要などは、合法で貸し付けを行う金融業者も同じですから特別珍しいことではありません。しかし、他社に断れた人も融資を可能にするなどのメッセージは怪しい金融業者を匂わせているものでもあり、闇金業者の可能性が高いと考える方が良いでしょう。

他社で断れた場合、それには何らかの原因があるためで、他の金融業者に申し込みを行っても普通は断れてしまいます。闇金業者は高い利息を取ることが目的としている、返済ができなければ骨までしゃぶるなどと言われており、どこまでも追いかけて来ます。

大手の会社であれば特別調べる必要はありませんが、中小の金融業者を利用する時には、貸金業者登録を行っている正規業者であるのか否かを確認する、これが自己防衛に繋がります。調べる方法はとても簡単で、金融庁のホームページにある登録貸金業者情報検索入力ページを利用する方法です。

このウェブページではすべての情報を入力する必要はありませんので、社名だけを入力して検索を行う、もしくは社名の一部だけを入力して検索することも可能です。検索結果に情報が表示されたら正規業者、表示されなければ未登録業者であることが分かります。

貸金業法違反の表現について

お金が必要2

キャッシングのwishホームページには貸金業法により禁じられている勧誘表現が多数使用されています。例えば、他社で断れてしまった方もご安心下さい、独自の基準でご対応など、これらは詐欺業者が使用する表現です。

審査が甘いと思わせる詐欺サイトで使用が行われることが多い表現でもあり注意が必要です。ちなみに、貸金業法では安易な借入を助長する、過度に強調するなどは固く禁じられているので、ホームページに使用されている表現を見ても、悪質な金融業者であるのか否かの判断をすることもできるわけです。

万が一、利用してしまった時にはどうすれば良いのか?

闇金だと知らずに利用してしまうケースも多いと言われていますが、借入する時の金利が法定金利内になっているのか否かを確認することも大切です。

利息制限法は貸し付けを行う側の金利における法律で、10万円未満では20.0%、10万円超え100万円未満は18.0%、100万円以上は15.0%を上限にする決まりがあります。

仮に、5万円の融資金利が22.0%の時には利息制限法を無視していることになる、法律上違反を犯していることになるわけです。闇金の場合は、無理やり押し付け融資を行うケースもありますので、逃げ場がないケースも出て来ます。

闇金問題に強い弁護士が存在しているので、知らずに利用してしまった時や脅迫を受けた時、押し付けられた時などは専門家に相談することをお勧めします。